読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

 島本理生 (脱落)

『生まれる森』 講談社
ふー…。良くも悪くも浮ついている。おそらく作者が自覚的ではないところが気分を害するのだな。空気感のある文章には才能を感じるけれど、もっと掘り下げてくれないかな。

『リトル・バイ・リトル』 講談社
決して悪くはないのだがやや物足りない…。とはいえ前著より数段読みやすい。このひとちょっと文章がヘン? 不思議な節がついてしまって奇妙な気分になった。

『シルエット』 講談社
たとえば自分が10代で小説を書く才能があったとしたら、こういう小説を書くだろうなと思って少し気分が悪くなる。高校生が書いたと思わなければ読めないのだが、高校生が書いたと思えばそれなりに面白いし、むしろ彼女がこれから何を書いていくのかは気になるところ。

生まれる森  リトル・バイ・リトル  シルエット