読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

 舞城王太郎 『阿修羅ガール』 新潮社

遠く先にゴールがあると思って走っていたら、突然崖から落っこちてしまったような展開で、怪作になり損ねた感がある。うまくまとめているが、ちょっと円満すぎ? ヒロインのぽんぽん出てくるしょうもない言葉の後に、必ず自己反省が入るのが可笑しい。ああ、そういえば、このひと女性かなとわたしも思った。で、読みながら比留間久夫を思い出した。
九十九十九 (講談社ノベルス)  阿修羅ガール