読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

 パウロ・コエーリョ

単行本の絵の方が断然いいですね。村の言い伝えとか、格言的なものがよくできていて面白い。最後のプリン嬢の演説とか行動とか、意味はわかるけど、それでいいのかなと思った。プリン嬢は結局ヴィスコスを悪魔の町にしてしまったんじゃないのかなあ。(20050612)
悪魔とプリン嬢 悪魔とプリン嬢 (角川文庫)

  • 『ベロニカは死ぬことにした』 角川書店 江口研一訳

作者はブラジル人。構成とテーマがシンプルで嫌味がないので好感がもてる。ベロニカは死ぬことにした、そして生きることにした。つまりはそういうこと。生きるとは自分の人生を受け入れて、かつ逃げない勇気をもつことだ。20041031

ファンタジーであった。錬金術師登場のシーンがめちゃくちゃカッコイイ。主人公の少年はスペインの羊飼いからピラミッドをめざす砂漠の旅人へ。クライマックスは日本語でいうと悟りというやつだな。テーマ的には「聖なる予言」の子ども版のような感じも。
ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)  アルケミスト―夢を旅した少年