読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

 福田利子 『吉原はこんな所でございました―廓の女たちの昭和史』 社会思想社

舞台は吉原、今の浅草というひとつのちいさな町だけど、これを読むと、ここ100年くらいでいかに日本が(価値観も含め)変化してきたかがよくわかる。国も人も形があるようでいて、かなり曖昧なものである。語り口は柔らかいが、自分だったら生き抜けたかどうか。
ISBN:4390115014