読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

 『タイタンの妖女』 カート・ヴァネガット・ジュニア

個々の存在は連綿と続く何かの一部であり、知らないうちに利用されていることもある。気づいたときは恐ろく、虚しくなるものだと思ったけれど、そうじゃないらしい。ものすごく悲惨でものすごく幸福な物語だった。
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)