読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

 『駅前旅館』井伏鱒二

あまり上手い言葉が思いつかないのだけど、とにかく面白かった。わたしが井伏鱒二を好きなのは、陽気さと切なさのバランスが絶妙で、笑いながら目のはしで泣いてしまうようなところ。こういう心地の良い軽妙な文芸小説を読める機会は意外と少ないように思う。

駅前旅館 (新潮文庫)

駅前旅館 (新潮文庫)