読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

太公望をめぐる二つの物語。『太公望』と『封神演義』

小説:『太公望宮城谷昌光

太公望の時代は紀元前11世紀頃。秦の中国統一が紀元前221年なので、中国の歴史のなかでも初期に活躍した人物(Wikipediaさんに訊きました)。

物語としては、今でいうとチート感が半端ない。知識、剣術すべてにすぐれていて、神がかっている。

文字をめぐる話が興味深く、妲己が文字を読めなかったせいで炮烙の刑が行われる下りがある。文字が読める(知識がある)というのは大きな武器であることは今の世も同じ。

 

漫画:『封神演義藤崎竜

封神演義 完全版 全18巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

封神演義 完全版 全18巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

 

 小説「太公望」の登場人物とはそれほどリンクしていなかった。太公望の人物像は大きく異なっていて、こちらは人間臭く描かれている。基本は仙人たちの話であって、ファンタジーだ。

序盤はわりと面白いのだが、途中でやや飽きた。天下一武闘回形式のストーリーが何回か繰り返されたり、蛇足的にラストでスケールを広げて宇宙人が出て来たりと、今読むと本当にジャンプっぽいな(笑)と思った。