読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

第89回アカデミー賞に見るアメリカの光と闇

2017年のアカデミー賞で話題になった『ムーンライト』と『ララランド』を続けて観て来た。鑑賞者としてはかなりオールランダーな方だと思うのだが、やはり少し戸惑ってしまう。逆の順番で観ていたら、ララランドの余韻が吹っ飛んでいただろうな。

そもそもまったく別のベクトルの作品を同じ賞レースにかけることに無理があるので、よくいえば多様性を享受しているということで、少し引いたところから眺めるのが吉。

 

映画『ムーンライト』


アカデミー賞候補作!『ムーンライト』本国予告編

貧困とそのスパイラル、ゲイであることのマイノリティ、出口の見えない人生のなかで淡い月の光のように存在する恋。

小学生、高校生、大人と3つのパートに別れていて、3つの物語はひとつの織物ではなくてパッチワークのよう。説明が極力排除されており、物語を繋ぎ合わせるのが難しい。

作品自体になかなか没頭させてくれず、映画の出来としてはあまりよいとは思えなかった。テーマが先行しており、持てる知識を総動員させ、余白を読む想像力を要求する、観客に負荷のかかる作品。

日本人にとっては、想像はできても感覚的に理解するのは難しい。純粋に恋の物語として観たいところだが、情感にあまり訴えてこないのは、アメリカで、こういう作品を描くことの限界があるのかも。

それでもララランドの観客に冷や水を浴びせるだけのインパクトはある。

 

映画『ララランド』


「ラ・ラ・ランド」本予告

甘酸っぱい青春映画。恋愛が軸になっていはいるけれど、青春だなあと思った。ヒロインのエマ・ストーンのキラキラっぷりがスクリーン全体に溢れていて、本当に楽しい。

恋に落ちて、世界が変わって見えたり、弱くなったり強くなったり。自分の夢がうまくいかないときも、相手の背中を押してあげられるカップルが本当に可愛らしかった。

明るくて、楽しくて、ちょっと切なくて。夢のようなひとときを味合わせてくれる作品。

太公望をめぐる二つの物語。『太公望』と『封神演義』

小説:『太公望宮城谷昌光

太公望の時代は紀元前11世紀頃。秦の中国統一が紀元前221年なので、中国の歴史のなかでも初期に活躍した人物(Wikipediaさんに訊きました)。

物語としては、今でいうとチート感が半端ない。知識、剣術すべてにすぐれていて、神がかっている。

文字をめぐる話が興味深く、妲己が文字を読めなかったせいで炮烙の刑が行われる下りがある。文字が読める(知識がある)というのは大きな武器であることは今の世も同じ。

 

漫画:『封神演義藤崎竜

封神演義 完全版 全18巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

封神演義 完全版 全18巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

 

 小説「太公望」の登場人物とはそれほどリンクしていなかった。太公望の人物像は大きく異なっていて、こちらは人間臭く描かれている。基本は仙人たちの話であって、ファンタジーだ。

序盤はわりと面白いのだが、途中でやや飽きた。天下一武闘回形式のストーリーが何回か繰り返されたり、蛇足的にラストでスケールを広げて宇宙人が出て来たりと、今読むと本当にジャンプっぽいな(笑)と思った。

結婚にまつわる2つの物語。『金の国 水の国』と『姉の結婚』

 

『金の国 水の国』岩本ナオ 

 おとぎ話のような可愛らしい物語に癒される。

ハイライトは結婚相手をどのように選ぶか尋ねられたB国の若者が答えるシーン。心を打たれるいいシーンだと思う。でもそれは案外難しい、と思ってしまう人もいるのでは。

とりあえず、この物語のヒロイン・サーラのように、いつも機嫌良くニコニコしてくれる人がいいのではないかと。この話の最後に、残ったビスケットをサーラが遠慮なくいただいてしまうところが好きだ。

おとぎ話的な展開を踏まえた上で、それでも何か許されてしまうような根源的な温かさが心地よい作品。軽やかに、染み込んでくる優しいマンガでした。おすすめ。

トーリーと絵のバランスが絶妙。他の作品も読んでみたい。

 

姉の結婚西炯子

姉の結婚(8) (フラワーコミックスα)
 

対して、こちらは重い(笑)。

地味かっこい美女・ヨリさんとクレバーな変態イケメン医師・真木のアラフォー不倫物語(なんだこれ)。

あらすじだけ書けば本当にうんざりする内容なのだが、そこは西炯子。読ませるなあと思う。リアルな部分をアンリアルな筆致で描くので、ついつい引き込まれてしまう。

妻帯者から好きと言われることは、やはり傷つくことなのだが、男の方はその辺よくわかっていないというのもリアルだと思う。真木は一途でクレバーな性格にも関わらず、中盤まで何がヨリを傷つけているのか気づいていないようだった。ヨリの方も自分を選べと言えないことで、自分で自分を傷つけている。

少し考えてしまうのは、ヨリのように結婚とか家族に幸せなイメージを持てない人が、じゃあ一体何を拠り所にすればいいのかと言えば、彼女の出した結論のように、もう愛しかない、と。前向きな意味ではなく、悲壮感漂う彼女の想いは、なんかわかる。そして愛しかないって、それは確かに打ちのめされるな、と。ある種の人間にとっては、愛されることも愛することも途方もなく難しいことなのだ。

でもヨリは、良くも悪くも弱い人だから、依存対象がそこにあれば結構うまくやれるのではないかと思った。流されっぷりが凄まじくて最終的には少し引いた・・・。ヨリがダメなのは愛されなかったからではなくて、弱さと向き合うことをせず、他人のせいにしてきたからだと思う。それはもう徹底して最後までそういう人だったな、と。妹ちゃんのように真木のように、最終的には戦って勝ち取って欲しかった。

あけましておめでとうございます

今年はこっそり復活予定です。

ぼうっとしていると時間ばかり過ぎてしまうので、インプット計画を立ててみました。
毎月本2冊、映画2本、展覧会1回を目安にしようかと。

そんな感じでゆるゆると、よろしくお願いします。

2012年に読んだ本

あけましておめでとうございます。

読書メーカーさんが記録しておいてくれたので、コピペ。
読書メーカーさんの名前を思い出せずに、ブクログへ行って、ちょっと見ない間にずいぶん変わってしまったなあと思ったのは内緒です。

この他に、ミレニアムシリーズと獣の奏者の後編2冊は購入して読みました。あとは青空文庫で短いものをいろいろ。iphoneだと200ページぐらいが限界で、芥川の『河童』は挫折しました。

2012年の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3882ページ
ナイス:20ナイス
感想・レビュー:0件
月間平均冊数:0.9冊
月間平均ページ:324ページ

東海道四谷怪談 (岩波文庫 黄 213-1)東海道四谷怪談 (岩波文庫 黄 213-1)
読了日:5月17日 著者:鶴屋 南北,河竹 繁俊
雪の練習生雪の練習生
読了日:4月28日 著者:多和田 葉子
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:4月21日 著者:伊藤 計劃
黄金の王 白銀の王 (角川文庫)黄金の王 白銀の王 (角川文庫)
読了日:3月28日 著者:沢村 凜
政府は必ず嘘をつく  アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること  角川SSC新書政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書
読了日:3月28日 著者:堤 未果
百鬼夜行抄12 (ソノラマコミック文庫)百鬼夜行抄12 (ソノラマコミック文庫)
読了日:3月25日 著者:今 市子
ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
読了日:3月25日 著者:J.D.サリンジャー
高野聖・眉かくしの霊 (岩波文庫)高野聖・眉かくしの霊 (岩波文庫)
読了日:3月18日 著者:泉 鏡花
嵐が丘―改訳 (角川文庫)嵐が丘―改訳 (角川文庫)
読了日:2月29日 著者:E.ブロンテ
李嗣源(下) (朝日文庫)李嗣源(下) (朝日文庫)
読了日:1月24日 著者:仁木英之
李嗣源(上) (朝日文庫)李嗣源(上) (朝日文庫)
読了日:1月24日 著者:仁木英之

2012年に読んだ本まとめ
読書メーター

1月に読んだ本

つまらなかった〜。エピソードを羅列してるだけ。

1月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:840ページ
ナイス数:0ナイス

李嗣源(下) (朝日文庫)李嗣源(下) (朝日文庫)
読了日:01月24日 著者:仁木英之
李嗣源(上) (朝日文庫)李嗣源(上) (朝日文庫)
読了日:01月24日 著者:仁木英之

2012年1月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

2011年に読んだ本

結構読みましたね。水滸伝と田口白鳥シリーズで数をかせいだ感じだけど。。それにしても10月以降、燃え尽きすぎ。。

2011年の読書メーター
読んだ本の数:64冊
読んだページ数:22431ページ
ナイス:50ナイス
感想・レビュー:9件
月間平均冊数:5.3冊
月間平均ページ:1869ページ

■あなたが私を見つける所
短編集、というより、断片集。日々のすき間にふいにおとずれる一瞬を、力強い筆致で描いている。突然の強風のように、一瞬心を持っていかれる。ただ…現在の恋人と別れた夫とかがよく出てきて、名前も覚えられないし、人間関係とか、誰の台詞なのかとか、私にはうまく把握できない場面がけっこうあった。
読了日:12月30日 著者:アン ビーティ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15445322

■対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉 (岩波文庫)
ディキンソン好きだなあ。ひっそりと咲くスミレのよう。対訳形式の詩集は初めて読んだけど、原文と訳文のあいだに自分のイメージを滑り込ませることができ、いきいきと詩が立ち上がってきて面白かった。
読了日:12月08日 著者:エミリー ディキンソン
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15063899

ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上) (新潮文庫)
読了日:11月05日 著者:塩野 七生
http://book.akahoshitakuya.com/b/410118156X

■ダブリンの市民 (岩波文庫)
読了日:10月22日 著者:ジョイス
http://book.akahoshitakuya.com/b/4003225511

■ひかりの剣 (文春文庫)
読了日:10月22日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167790017

イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)
読了日:10月09日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/479667361X

イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)
読了日:10月09日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796673598

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)
読了日:10月09日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796667695

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
読了日:10月09日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796667679

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
読了日:10月01日 著者:アガサ・クリスティー
http://book.akahoshitakuya.com/b/4151310800

■ハートで感じる英語塾 英語の5原則編 (語学シリーズ NHK新3か月トピック英会話)
もらったので、1日1章ずつ読んでみた。英語があまり得意じゃないので、ざくっと感覚的な切り口で、わかりやすくてよかったです。
読了日:09月26日 著者:大西 泰斗,ポール・マクベイ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13648463

■渡りの足跡
読了日:09月12日 著者:梨木 香歩
http://book.akahoshitakuya.com/b/4104299065

屍鬼 11 (ジャンプコミックス)
読了日:09月05日 著者:藤崎 竜
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088702670

夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫)
読了日:09月05日 著者:カズオ イシグロ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4151200630

■ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
内向きというか、内的な世界を切実に描いていて、今だから言えてしまうことだけど、911を経験し、311を経験していない物語だと思った。時折はさみ込まれる、過去として描かれる今わたしたちが体験したばかりのいくつかのエピソードたちが妙に切ない。
読了日:09月01日 著者:伊藤 計劃
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13142554

■天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)
読了日:08月13日 著者:上橋 菜穂子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101302820

■天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)
読了日:08月13日 著者:上橋 菜穂子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101302812

■天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)
読了日:08月13日 著者:上橋 菜穂子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101302804

■春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
読了日:08月07日 著者:アガサ・クリスティー
http://book.akahoshitakuya.com/b/4151300813

彼岸過迄 (新潮文庫)
読了日:08月04日 著者:夏目 漱石
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101010110

ナイチンゲールの沈黙
読了日:07月26日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796654755

水滸伝 (19) 旌旗の章 (集英社文庫)
読了日:07月24日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/408746282X

水滸伝 18 乾坤の章 (集英社文庫)
読了日:07月24日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087462722

水滸伝 17 朱雀の章 (集英社文庫 き 3-60)
読了日:07月24日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087462617

水滸伝 16 馳驟の章 (集英社文庫 き 3-59)
読了日:07月24日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/408746251X

水滸伝 16 馳驟の章
読了日:07月24日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087747379

■フィッシュストーリー (新潮文庫)
読了日:06月27日 著者:伊坂 幸太郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101250243

■ナショナル・ストーリー・プロジェクト
読了日:06月22日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/b/4105217097

チーム・バチスタの栄光
読了日:06月18日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796650792

白夜行 (集英社文庫)
読了日:06月11日 著者:東野 圭吾
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087474399

■乙女の密告
経歴を読む限りでは、それこそ血を吐くような、一生に一度しかかけないレベルの作品にもできたのではないかと。。それなりに面白かったけれど、もったいないというか物足りないというか。
読了日:05月26日 著者:赤染 晶子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11367745

■僕たちは歩かない (角川文庫)
手触りは羽根のように軽いんだけれども、いざ、こんな風に人を亡くしてみると、こんな風に探し当てるしかないのかもしれないとおもう。そしてやはり、生きている者は地面を歩いていくしかない、とも。
読了日:05月26日 著者:古川 日出男
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11367728

水滸伝 15 折戟の章(集英社文庫 き 3-58)
読了日:05月26日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087462390

水滸伝 14 爪牙の章 (集英社文庫 き 3-57)
読了日:05月26日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087462293

■魔術師のおい―ナルニア国ものがたり〈6〉 (岩波少年文庫)
読了日:05月26日 著者:C.S. ルイス
http://book.akahoshitakuya.com/b/400114039X

■馬と少年―ナルニア国ものがたり〈5〉 (岩波少年文庫)
読了日:05月26日 著者:C.S. ルイス
http://book.akahoshitakuya.com/b/4001140381

水滸伝 13 白虎の章 (集英社文庫 き 3-56)
読了日:05月15日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/408746220X

水滸伝 12 炳乎の章 (集英社文庫 き 3-55)
読了日:05月15日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087462080

水滸伝 11 天地の章 (集英社文庫 き 3-54)
読了日:05月15日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087461971

水滸伝 10 濁流の章 (集英社文庫 き 3-53)
読了日:05月15日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087461858

水滸伝 9 嵐翠の章 (集英社文庫 き- 3-52)
読了日:05月15日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087461645

水滸伝 8 青龍の章 (集英社文庫 き 3-51)
読了日:05月15日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087461556

水滸伝 7 烈火の章 (集英社文庫 き 3-50)
読了日:05月15日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087461440

水滸伝 6 風塵の章 (集英社文庫 き 3-49)
読了日:04月24日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087461335

水滸伝 5 玄武の章 (集英社文庫 き 3-48)
読了日:04月24日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087461246

水滸伝 4 道蛇の章 (集英社文庫 き 3-47)
読了日:04月24日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087461149

■青雲はるかに(下) (集英社文庫)
読了日:04月24日 著者:宮城谷 昌光
http://book.akahoshitakuya.com/b/408747271X

■青雲はるかに(上) (集英社文庫)
読了日:04月09日 著者:宮城谷 昌光
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087472701

水滸伝 3 輪舞の章
読了日:04月09日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087744973

水滸伝 2 替天の章 (集英社文庫)
読了日:04月03日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087460940

水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)
読了日:03月27日 著者:北方 謙三
http://book.akahoshitakuya.com/b/408746086X

幻夜
読了日:03月21日 著者:東野 圭吾
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087746682

蹴りたい背中
読了日:03月21日 著者:綿矢 りさ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4309015700

■ふちなしのかがみ
読了日:03月21日 著者:辻村 深月
http://book.akahoshitakuya.com/b/4048739298

西遊記〈4〉 (文春文庫)
読了日:03月21日 著者:平岩 弓枝
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167710137

ザ・ロード (ハヤカワepi文庫)
読了日:03月07日 著者:コーマック・マッカーシー
http://book.akahoshitakuya.com/b/4151200606

■サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)
読了日:02月23日 著者:タチアナ・ド ロネ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4105900838

■わたくし率 イン 歯ー、または世界
読了日:02月18日 著者:川上 未映子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062142139

■愛その他の悪霊について
読了日:02月16日 著者:ガブリエル ガルシア=マルケス
http://book.akahoshitakuya.com/b/410509016X

西遊記〈3〉 (文春文庫)
読み終わってから表紙を見返すとさらにウケる。八戒の豚野郎ぶりが好きなんだけど、彼もちょっとずつ成長しているようで、意外と活躍している。悟空の愛らしさは相変わらず反則の域。三蔵の女難篇は面白かった。三蔵なにげに面白い。うむ、聖人の試練としては避けられないところである。
読了日:02月10日 著者:平岩 弓枝
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/9664234

■予告された殺人の記録・十二の遍歴の物語 (Obras de Garc〓a M〓rquez (1976-1992))
読了日:02月07日 著者:ガブリエル ガルシア=マルケス
http://book.akahoshitakuya.com/b/4105090135

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
ギャツビーのひたむきさに打たれた。ギャツビーとデイジーは出会うべくして出会い、ああいう結末しかありえないだろうとは思う。ニックとギャツビーがデイジーの声について言及する場面には、はっとさせられた。そっかデイジーって…そっか…と思って哀しくなった。、、村上春樹訳ということで、村上春樹と切り離すのが良くも悪くも難しい。でもとても良かった。
読了日:01月27日 著者:スコット フィッツジェラルド,村上春樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/9457579

■聖母の贈り物 (短篇小説の快楽)
トレヴァーの作品はすこしお腹が痛くなる…。「マティルダイングランド」には圧倒された。何気なく放った小石が、思いもしない方向へ飛んで、思いもしない人に当たったりする。「アイルランド便り」も面白かった。
読了日:01月17日 著者:ウィリアム トレヴァー
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/9309139

ゲド戦記外伝 (物語コレクション)
読了日:01月17日 著者:アーシュラ・K. ル=グウィン
http://book.akahoshitakuya.com/b/4000264680


▼2011年に読んだ本まとめ
http://bit.ly/wNq3y5

読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/