読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

 小野不由美 『東亰異聞』 新潮社

小野不由美ってカッコイイのだなと思った。傑作ではないけれど、なかなか面白かった。明治の浅草の風景もひとつのみどころである。話としては京極堂シリーズと「虚無への供物」を足して2で割った感じか。このふたつと比べると、ラストが弱い。ちなみにハードカバーだと、表紙と裏表紙の絵が不可思議に繋がっている。
東亰異聞 (新潮文庫)  虚無への供物 (講談社文庫)