読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

 エドガー・アラン・ポー 『ポーの黒夢城』 岡田 柊(訳)、サイモン・マースデン(写真) 大栄出版

収録作品:黒猫/アッシャー館の崩壊/モレーラ/楕円形の肖像画/ベレニス/ウィリアム・ウィルソン。子どもの頃に読んだルパンを抜かすと、ポーは初めて読む。写真が多用されているし、量的にもたいへん読みやすいのだが、えらくいい加減な本の作り。写真を生かしきれていないような。オースター繋がりで読んだので、なかでも「ウィリアム・ウィルソン」がずいぶん似ていてひとりでにんまりする。