読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安

再開しました

 阿部和重 『シンセミア』 朝日新聞社

回りくどさだとか、バカバカしさだとかは、言ってしまえばそうなんだけど、かろうじて文学的資質によって書かれているというか、なんというか。力作ではある。エンターテイメントにしてしまえばもっと面白いだろうに、そうしないところが阿部和重というひとの小説に対する姿勢がきちんと立っているようで好感が持てる。でも書かれたものは好きじゃないけど。あと他の作品と繋がっていたりとか作者の名前が出てくるのは嫌い。
シンセミア(上) シンセミア(下)